漢文の名詞述語文

名詞述語文

名詞述語文

 名詞述語文は、「日本国名也」のような、「名詞」がそのまま述語になっている構文のことです。

 

 漢文では、「甲、乙(也)。」で、「甲は乙である」の意を表すことになります。

 

 当ブログでは、第一回の漢文翻訳練習でやりましたね。「AはBである」の構文は、どの言語でも一番基礎的な文型ですからね。しっかり覚えておきましょう。

例文

一:我日本人也。 私は日本人である。

 

二:汝我之妻、我汝之夫、此我等子、彼我等娘也。 お前は私の妻であり、私はお前の夫であり、これは私たちの息子であり、あれは私たちの娘である。

 

 例文の「二」のように、「甲=乙」の文がそこで終止しない場合は、「(也)」はつけませんので注意しましょう。「也」をつけていいのは文がそれで終止する時です。そしてその場合であっても「也」は必然ではなく、書き手の任意であったりなかったりします(ある場合の方が多いですが)。

スポンサードリンク

関連ページ

名詞述語文の否定
ここでは、名詞述語文の否定文形「甲は乙ではない」の構文について説明しています。
動詞述語文
ここでは、動詞述語文についてまとめています。
第一回漢文書き下し演習
第二回漢文書き下し演習
第三回漢文書き下し演習
名詞修飾の作文方法
保留
書きかけの記事です。見ないでください。

ホーム RSS購読 サイトマップ
注意事項 古-新順の記事一覧 新-古記事一覧 運営者情報 漢文に関する書籍・サイト紹介