漢文-日本語翻訳練習サイト

第十回漢文翻訳練習「前の語を指す指示代名詞」

第十回:前の言葉を指す指示代名詞

 こんにちは。造言主です。

 

 今日は、第十回漢文翻訳練習。漢文における指示代名詞を学びます。

 

 指示代名詞は第九回でも扱いましたが、あれはあくまで「ものの位置」に関わるもの。今回のはそれと違って、文脈上の前の言葉を指す指示代名詞を学んでいきます。

前の語を指す指示代名詞って?

 文脈上の前の語を指す指示代名詞、などといっても、あまりピンときませんよね?

 

 なのでここできちんと説明しておきます。

 

 前の語を指す、というのは、例えば「彼は内緒で外へ出かけた。彼女はそのことを快く思わなかった」という文の「その」などですね。「その」は別に空間的な物の位置を指しているわけではありません。文脈上の前の部分(ここでは「彼が内緒で外へ出かけた」という部分)を「その」と言い換えているわけです。

 

 英語でいえば「the」や「it」がこれに当たりますね。例えば"I had been hoping to see her cat for a long time,and I accidentally saw it yesterday.I was happy and told my family that the cat was so nice."という文では、it=her cat=the catです。

 

 今回の漢文翻訳練習では、このような、前に話題として出た言葉の代わりに代用できる代名詞を学ぶというわけです。

本編

 それでは早速勉強に入ります。

 

 漢文における前の語を受ける指示代名詞は、以下の通りです。

@主格:其 (訳:それが…)
A所有格:其 (訳:その…)
B目的格:之 (訳:これを/これに。 それを/それに。)

 

 @の主格は少々高度な文で使うものなので、今はAとBだけ覚えておいてください。例文もABのみ提示します。

 

例文:

客大言壮語曰、「我神也」。我聞之、心甚蔑其客。
訳:客は大言壮語して「私は神だ。」と言った。私はこれを聞いて、心では甚だその客を軽蔑した。

 

彼与其子財、其娘玉。
訳:彼は自分の子には財産を与え、自分の娘には玉を与えた。

語釈:@曰〜…「〜[引用文]」と言った A心+思考動作を表す動詞…心中〜する。 B蔑…蔑[さげす]む。軽蔑する。

 

 二つ目の例文では、「其」は「彼」を指します。これまで、練習問題などの語釈で、「其」=「自分の」としてきましたが、あれは正確ではありません。「其」はあくまで前の語を指す言葉。だから文脈から結果的に「自分の」という意味を表すことがあるに過ぎません。

 

やや応用
 因みにBの「之」は前の語のみならず、これから出て来る文を指すこともできます(といっても、私は「我聞之…」の構文に何回か出くわしたくらいなので、どこまで一般化している用法かは分かりませんが。例文は私の自作ですよ)。

例:我聞之:驕者之栄不久、如春夜之夢。
訳:私はこのように聞いています:驕れる者の栄光は長くなく、春の夜の夢のようだ、と。

語釈:@動詞+者…〜する者。 A栄…栄[さか]え。栄光。繁栄。 B如〜…〜のようだ。「如」は動詞。

 

 これら前の語を指す指示代名詞は、漢文では相当程度に多用されます。漢文の基本ですので、しっかり身につけ、使いこなせるようになりましょう。応用の方は、滅多に見かけないので、参考程度に留めていいです。

練習問題

 説明は以上で終わり。

 

 ここからは例の如く(例の如くは「いつものように」の意味です)、漢文を日本語にする練習と日本語を漢文にする練習をします。

 

練習1:次の漢文を日本語に翻訳してみよう。

(1)彼見貧人、輒嘲之曰「汚」。我不好其言動。
(2)我見美猫。其猫頻鳴而求食。我慈之、与之魚。
(3)我知之:人非神、神亦非人。
(4)我思之:神不実在、故祈常不届。

語釈:@〜、輒…→〜すると、そのたびに…する。 A嘲〜→〜を嘲る。嘲笑する。 B曰「〜」→「〜」と言う。 C頻→頻[しき]りに。 D而→而[しか]して。そして。英語のandに当たる言葉。 E食→食物。 F慈→慈しむ。 G〜亦→〜も亦[ま]た H常→常に。いつも。

 

練習2:次の日本語を漢文に翻訳してみよう。

(1)私は昨日美しい女を見た。その女は私を見ると、即座に去った。私はこれを不快に思った。

 

(2)お前はいつも人を嘲笑う。人は皆これを嫌悪している。

 

(3)私は以下のことを聞いています:人は万物の霊長であり、獅子は百獣の王であると。

 

(4)彼は以下のことを信じている:神が万物を造り、人は最も神に近いということを。

語釈:@〜すると、即座に…する→〜、即…。 A〜を不快に思う→不快〜 Bいつも→常 C〜を嘲笑う→嘲〜/嘲笑〜。 D〜を嫌悪する→悪〜/嫌悪〜。

 

 今日の漢文翻訳練習はここまで。それでは御機嫌よう。

 

スポンサードリンク

関連ページ

第一回漢文-日本語翻訳練習:「甲は乙だ」の文
今日は漢文の名詞述語文「甲は乙である」の文型の翻訳練習をします。
第一回漢文翻訳練習練習問題の解答
前回の練習問題の解答を載せました。どうぞ参考にしてください。
第二回漢文-日本語翻訳練習:「甲は乙ではない」の文
当ブログは、大学時代に漢文読解に勤しんでいた私が、日本語を漢文に翻訳する「漢作文」を気ままにやっていくものです。漢文を書けるようになりたい人の参考になれば幸いです。
第二回漢文翻訳の練習問題解答
今日は前回の練習問題の解答を示しますよ〜。漢文を日本語に翻訳する練習と、日本語を漢文に翻訳する練習になりますので、練習問題にも取り組んでみてくださいね〜。
第三回漢文-日本語翻訳練習:「甲は〜する」の文
今日は漢文の動詞述語文「甲は〜する」の翻訳練習をします。
第三回漢文翻訳練習の練習問題の解答
今日は、前回の練習問題の解答を示します。漢文を日本語に翻訳したり、日本語を漢文に翻訳したりする作業。少しずつ慣れていきましょう。
第四回漢文-日本語翻訳練習:「甲は〜しない」の文
今日は漢文の動詞述語文の否定「甲は〜しない」の翻訳練習をします。
第四回漢文翻訳練習の練習問題解答
前回の練習問題の答え合わせをします。
第五回漢文翻訳練習:形容詞述語文
今日は漢文の形容詞述語文の翻訳練習をします。
第五回漢文翻訳練習の練習問題解答
例の如く、前回の練習問題の解答をしていきます。漢文を日本語に訳したり、日本語を漢文に訳したりするのにも、大分慣れてきましたでしょうか?
第六回漢文翻訳練習「甲は〜(形容詞)ない」
この記事では、漢文の形容詞述語文の否定形を学びます。翻訳のばりえーしょんを広げていきましょう。
第六回漢文翻訳練習の練習問題の答え合わせ
前回の練習問題の答え合わせをします。
第七回漢文翻訳:漢文における副詞の位置
ここでは、漢文の副詞の位置について学びます。
第七回漢文翻訳練習の練習の解答
前回出した漢文⇔日本語の翻訳練習の解答です。
第八回漢文翻訳練習「人称代名詞と指示代名詞」
ここでは、漢文の「人称代名詞」と「指示代名詞」を学びます。
第八回漢文翻訳練習の練習の解答
ここでは、前回の練習問題の答え合わせをします。
第九回漢文翻訳練習「ものの位置に関わる指示代名詞」
今回は、漢文における、ものの位置に関わる指示代名詞を勉強していきます。
第九回漢文翻訳練習の問題解答
今日はいつものように、前回の練習問題の答え合わせをします。漢文への翻訳、日本語への翻訳を繰り返して、漢文の文法を身に付けていきましょう。
第十回の漢文翻訳練習の練習問題の解答
今日は、前回の翻訳練習の練習問題の答え合わせをします。
第十一回漢文翻訳練習「否定の副詞」
今日は、漢文の否定文を為す重要な語彙、すなわち否定の副詞「不」「未」を勉強します。
第十一回漢文翻訳練習の練習解答
今日は、例の如く練習問題の答え合わせをします。
第十ニ回漢文翻訳練習:「文の句化」
今日は、漢文の特徴の一つ「文の句化」を学びます。漢文の重要な特徴の一つでありながら意外とこれについて言及する本は少ないから不思議なものです。
第十二回漢文翻訳練習の練習の解答
前回の練習の解答を示します。
第十三回漢文翻訳練習「漢文の複文」
ここでは、漢文の複文を学びます。
第十三回漢文翻訳練習の練習の解答
今日は前回の漢文‐日本語翻訳練習の解答を示します。
第十四回漢文翻訳練習:目的語が主語になる構文
今日は、漢文の「目的語が主語になる構文」を学びます。
第十四回漢文翻訳練習の練習問題の答え合わせ
前回出した漢文の翻訳練習の答え合わせをします。
第十五回:漢文翻訳練習「象は鼻が長い」構文
今日は、「象は鼻が長い」構文を勉強します。
第十五回漢文翻訳練習の練習の解答
前回の翻訳練習の解答です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
注意事項 古-新順の記事一覧 新-古記事一覧 運営者情報 漢文に関する書籍・サイト紹介