漢文-日本語翻訳練習サイト

第十三回漢文翻訳練習「漢文の複文」

第十三回漢文翻訳練習:漢文の複文

 こんにちは。造言主です。

 

 今日は第十三回漢文翻訳練習。予告していた通り、漢文の複文を勉強します。

複文とは?

 複文とは、要は複数の文からなる文のことを言います。

 

 例えば日本語の「一人は寂しいので、友達を呼ぶことにした」などが複文です。「一人は寂しい」という一文と「友達を呼ぶことにした」という一文が、「〜ので」という接続助詞によって繋げられた形になっていますね。

 

 このように、複数の文が連なってなる文が複文なのです。

本編

 早速勉強に入ります。

 

 日本語では、複文の文章を作成する場合、「〜ならば[仮定]」「〜ても[逆接の仮定]」「〜けれども[逆接]」「〜から[理由][」」「〜と[偶然]」などの接続助詞を用いて前の文を後ろの文に繋げて複文を生成しますが、漢文においては、ただ通常の文を二つ並べるだけで複文になってしまいます。

 

例文:

(1)我与汝之、、彼蓋怨我。
訳:私がお前にこれを与えれば、彼はおそらく私を恨むだろう。

 

(2)彼女甚美、男皆求之。
訳:あの女ははなはだ美しいので、男は皆これ[彼女]を求める。

 

(3)先日我往其家、家中無人。
訳:先日私はその家に行ったけれど、家の中に人はいなかった。
(補足:時間の副詞はしばしば文頭に置かれる。)

 

(4)我問其意、彼即答之。
訳:私がその意味を問うと、彼はすぐさまこれに答えた。

 

(5)我不之援、彼助之。
訳:私がこれを助けなくとも、彼がこれを助けるさ。

 

 上の訳は一例です。例えば(5)などは、文脈によって様々な解釈が可能です。文脈次第で「私はこれを助けなかったが、彼はこれを助けた」という訳になったり、「私がこれを助けなければ、彼がこれを助けるだろう」という訳になったり、「私がこれを助けないので、彼はこれを助けた」という訳になったりします。

 

 要するに、漢文の複文は、文脈次第で勝手に仮定・逆接・理由・偶然といった意味を表すことになるのです。書き手にとっては頗る楽な文法ですね。読み手にとってはやや大変ですが。

 

 因みにこの「文を二つ並べるだけで複文になる」という漢文の特徴は、現代中国語にもそのまま受け継がれています。興味のある人は現代中国語も学んでみましょう。結構漢文の文法が受け継がれているんですよね、現代中国語。

練習問題

練習問題1:次の漢文を日本語に翻訳してみよう。

(1)我嘗渡日本、其国未豊。
(2)女甚麗、世間之男皆羨其夫。
(3)彼実秀才、未得官位。
(4)我失此銭、妻或棄之。
(5)男見其惨状、即大叫求助。

語釈:@実…本当に A或…ひょっとすると。副詞。 B棄…見捨てる。 C之…時に「我」を指すこともある。

 

練習問題2:次の日本語を漢文に翻訳してみよう。

(1)私が嘗てこの家にいた時、家は今より小さかった。
(2)王は甚だ暴虐であったので、民は皆これを恨んだ。
(3)将軍は忠[忠誠]を尽くしたが、とうとう王の信[信頼]を得られなかった。
(4)君主が愚かで道理を知らなければ、国は当然久しくはない[長くは持たない]。
(5)私がこれを拒むと、女はこれ[=私]を激しく罵った。

語釈:@〜にいる…在〜。 A今より形容詞…形容詞於今。 Bとうとう…終。副詞。 C愚かで〜…愚而〜。「而」は「そして」の意。 D道理…道。 E当然〜ではない…不当〜。「当」は助動詞。 F長持ちする…久。

今日の結びの言葉

 さて、今日の漢文翻訳練習はこれでおしまいです。

 

 漢文の複文は、文脈次第でいかようにも訳しうるという特徴があります。普段漢文の読み手側になっている我々からすれば厄介この上ない文法ですが、翻訳練習などでいざ自分が漢文を書いてみる側になってみると、むしろ「便利な」文法だったりします。

 

 単純であるがゆえに書き手には楽、しかし単純過ぎるがゆえに読み手には苦。漢文という言語の特徴ですね。読み手には文脈から意味を補うという作業がやたらと求められることになるのです。

 

 過去か、未来か、現在か。平叙文なのか、命令文なのか。ここまでが漢文の一文において考えなければならない項目でしたが、複文の場合はそれに加えて、仮定か、逆接か、理由か、あるいは…と、更に解釈の幅が広がるわけですからね…。読者泣かせの言語ですよ、恐るべし、漢文。

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

第一回漢文-日本語翻訳練習:「甲は乙だ」の文
今日は漢文の名詞述語文「甲は乙である」の文型の翻訳練習をします。
第一回漢文翻訳練習練習問題の解答
前回の練習問題の解答を載せました。どうぞ参考にしてください。
第二回漢文-日本語翻訳練習:「甲は乙ではない」の文
当ブログは、大学時代に漢文読解に勤しんでいた私が、日本語を漢文に翻訳する「漢作文」を気ままにやっていくものです。漢文を書けるようになりたい人の参考になれば幸いです。
第二回漢文翻訳の練習問題解答
今日は前回の練習問題の解答を示しますよ〜。漢文を日本語に翻訳する練習と、日本語を漢文に翻訳する練習になりますので、練習問題にも取り組んでみてくださいね〜。
第三回漢文-日本語翻訳練習:「甲は〜する」の文
今日は漢文の動詞述語文「甲は〜する」の翻訳練習をします。
第三回漢文翻訳練習の練習問題の解答
今日は、前回の練習問題の解答を示します。漢文を日本語に翻訳したり、日本語を漢文に翻訳したりする作業。少しずつ慣れていきましょう。
第四回漢文-日本語翻訳練習:「甲は〜しない」の文
今日は漢文の動詞述語文の否定「甲は〜しない」の翻訳練習をします。
第四回漢文翻訳練習の練習問題解答
前回の練習問題の答え合わせをします。
第五回漢文翻訳練習:形容詞述語文
今日は漢文の形容詞述語文の翻訳練習をします。
第五回漢文翻訳練習の練習問題解答
例の如く、前回の練習問題の解答をしていきます。漢文を日本語に訳したり、日本語を漢文に訳したりするのにも、大分慣れてきましたでしょうか?
第六回漢文翻訳練習「甲は〜(形容詞)ない」
この記事では、漢文の形容詞述語文の否定形を学びます。翻訳のばりえーしょんを広げていきましょう。
第六回漢文翻訳練習の練習問題の答え合わせ
前回の練習問題の答え合わせをします。
第七回漢文翻訳:漢文における副詞の位置
ここでは、漢文の副詞の位置について学びます。
第七回漢文翻訳練習の練習の解答
前回出した漢文⇔日本語の翻訳練習の解答です。
第八回漢文翻訳練習「人称代名詞と指示代名詞」
ここでは、漢文の「人称代名詞」と「指示代名詞」を学びます。
第八回漢文翻訳練習の練習の解答
ここでは、前回の練習問題の答え合わせをします。
第九回漢文翻訳練習「ものの位置に関わる指示代名詞」
今回は、漢文における、ものの位置に関わる指示代名詞を勉強していきます。
第九回漢文翻訳練習の問題解答
今日はいつものように、前回の練習問題の答え合わせをします。漢文への翻訳、日本語への翻訳を繰り返して、漢文の文法を身に付けていきましょう。
第十回漢文翻訳練習「前の語を指す指示代名詞」
今回は、文脈上の前の語を指定する指示代名詞を学びます。
第十回の漢文翻訳練習の練習問題の解答
今日は、前回の翻訳練習の練習問題の答え合わせをします。
第十一回漢文翻訳練習「否定の副詞」
今日は、漢文の否定文を為す重要な語彙、すなわち否定の副詞「不」「未」を勉強します。
第十一回漢文翻訳練習の練習解答
今日は、例の如く練習問題の答え合わせをします。
第十ニ回漢文翻訳練習:「文の句化」
今日は、漢文の特徴の一つ「文の句化」を学びます。漢文の重要な特徴の一つでありながら意外とこれについて言及する本は少ないから不思議なものです。
第十二回漢文翻訳練習の練習の解答
前回の練習の解答を示します。
第十三回漢文翻訳練習の練習の解答
今日は前回の漢文‐日本語翻訳練習の解答を示します。
第十四回漢文翻訳練習:目的語が主語になる構文
今日は、漢文の「目的語が主語になる構文」を学びます。
第十四回漢文翻訳練習の練習問題の答え合わせ
前回出した漢文の翻訳練習の答え合わせをします。
第十五回:漢文翻訳練習「象は鼻が長い」構文
今日は、「象は鼻が長い」構文を勉強します。
第十五回漢文翻訳練習の練習の解答
前回の翻訳練習の解答です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
注意事項 古-新順の記事一覧 新-古記事一覧 運営者情報 漢文に関する書籍・サイト紹介